運営スタイルによってお悩みは様々・・・
あなたにあった解決プランをご提案いたします。

タイプ別お悩み事例

# 民泊初心者の方

「これから民泊を始めるにはどんな手続きが必要?」

この物件は民泊可能?必要な手続きも知りたい!

空き家の離れを民泊に利用できる?
もちろん合法的に運営したい。

まずは民泊運営できる物件なのか調査。
物件探しから許可申請までサポートします。

これから物件を購入予定の方は民泊営業が可能な物件の選定や、既に物件をお持ちの方はどうすれば民泊許可が出るのかを一緒に考えていきます。

初期費用や運営収益がわからない。
やっていけるのか不安・・・

投資用マンションの場合どの程度の利回りが出るの?
リフォームや設備の改善、代行業者への依頼など、営業するために初期費用がどれくらいかかるかもわからない。

事前にしっかり収益シュミレーションをして、
堅実な営業を。

有料相談では民泊営業にかかる初期費用や毎月のコストなどを年間300世帯以上の不動産管理実績から算出いたします。

物件や経営スタンスによって受ける許可や届出が違います。オーナー様の 夢や目標にあった許可申請・営業スタイルを一緒に考えていきます。

民泊で使用する物件や今後どのようなスタンスで経営していくかで受ける許可や届出が変わってきます。当事務所では民泊の許可取得を代行するだけでなく、お客様の未来を見据えて将来の夢や目標を実現する方法を一緒に考えて行きます。初回面談時までにどのような民泊経営を行って行きたいかを簡単にまとめて頂けるとスムーズです。

わからないことだらけだったけど、法律以外の相談も一緒にできて
一気に不安や疑問が解消されてスッキリしました!
予算・時間的にも可能な範囲できちんと合法的な民泊の開業準備ができました。

# 民泊営業中の方

「民泊営業しているけど、新法施工後の罰則が心配。」

新法施行後も営業できる?手続きに行く時間もない。

新法施行後の行政の立ち入り調査や営業停止処分などが心配。でも平日に役所に行く時間もないし、そもそも許可が取れる物件なのかもわからない。

最小限の費用で物件の合法化を行います。改正後は安心して営業できます。

民泊合法化には「新法届出」と「旅館業法許可申請」の2種類の方法があります。まずは無料相談にて、物件や営業スタイルをヒアリングさせていただき、どちらが適しているのかをご提案させていただきます。
また、申請のために設備の改善が必要な場合、お見積もりも提示できます。お気軽に当事務所にお問い合わせください。

新法(住宅宿泊事業法)届出の場合

新法では周辺住民への周知や、宿泊者の安全を守るための表示・設備などが義務付けられています。許可取得手続きの代行だけでなく、それらも含めたサポートも当事務所で行います。

旅館業法許可(簡易宿所)申請の場合

まずは、旅館業許可が取れる物件かどうかの事前調査(5万円)を行います。 申請可能と判断された場合に本申請に着手しますので余計な費用を抑えて手続きできます。

新法施行により罰則も強化されました。
余計な心配ごとを考える前にまずはお気軽にご相談ください。

2018年6月から住宅宿泊事業法が施行され、届出による合法事業ができる選択肢が広がりますが、無許可事業者には厳しい罰則もあります。刑法上の罰則強化(無許可営業で罰則100万円も)を重く受け止め、今後もしっかりと事業を続けるためには合法民泊化は必須です。お客様の状況に合わせた方法で合法化をご提案・サポートいたします。

新法施行にビクビクしていましたが、無事許可がとれました。
副業として民泊をしているので、手続きや下調べの時間が削減できて助かりました。

# 不動産オーナーの方

「経営物件の空室が多い・・民泊も取り入れてみようかな。」

民泊運営に興味はあるけど、
今から参入しても採算はとれる?

不動産経営をしているけど将来の人口減少が心配、家賃も下がる一方・・・
何か解決策はないの?

合法的で収益もとれる運用方法を一緒に考えます。

オーナー様のニーズにあった民泊専門の代行業者の選定、物件の改善点、今後の収支予想などを作成し不安を取り除いてスタートできるようサポートいたします。

物件や経営スタンスによって受ける許可や届出が違います。
オーナー様の 夢や目標にあった許可申請・営業スタイルを一緒に考えていきます。

民泊で使用する物件や今後どのようなスタンスで経営していくかで受ける許可や届出が変わってきます。当事務所では民泊の許可取得を代行するだけでなく、お客様の未来を見据えて将来の夢や目標を実現する方法を一緒に考えて行きます。初回面談時までにどのような民泊経営を行って行きたいかを簡単にまとめて頂けるとスムーズです。

わからないことだらけだったけど、法律以外の相談も一緒にできて
一気に不安や疑問が解消されてスッキリしました!
予算・時間的にも可能な範囲できちんと合法的な民泊の開業準備ができました。

民泊運用は代行業者に全てお任せで本当に大丈夫?

稼働率は高いのに利益が少ない・・
毎月の代行費用が高額になりがち。許可申請まで含まれていない場合も。

オーナー様が副業として投資目的で民泊運営する場合には代行業者への依頼が便利です。ただし民泊代行業者のサービスには許可申請まで含まれていないケースもあり、毎月の代行費用も高額になりがちです。

change change
必要なものだけ任せて、利益を残す
できることは自分で行い支出を減らすことでより大きな収益を得ることができます。

最近は様々なサービスがあり、今後も増えていくことが予想されます。民泊ホストも立派な事業者です。
経営者の目線で物事を考えて本当に必要なものかどうかを見極めることも大事です。